April 10, 2017

皆さんは、なんで(なぜ)練習していますか?
何のために、誰のために、練習していますか?

上手になりたいから?
あるいは、単純に、弾けないから?
弾けないと、先生(指導者)や先輩、仲間たちに怒られるから?
弾けないと、他人様に迷惑をかけるから?
弾けないと、カッコ悪いから?
逆に、弾けると、カッコイイから?
弾けると、モテるから?(これは男性のみの傾向かも?)
弾けないと、気持ち悪いから?
逆に、弾けると、気持ちイイから?

練習には、弾けるまでの練習(譜読み、音取りなど)と、弾けた後の練習(さらに曲想などを伴った音楽として完成させ...

April 10, 2017

主に合奏という形態で発展してきたマンドリンを最初からまったく独学で習得する、という方は少数派だと思います。

マンドリンの場合は、学校あるいは社会人などの団体(合奏)に入ってから始めるという方が多いため、そのクラブの

先輩や指導者などに手ほどきを受ける場合が多いですね。しかし、その後は独学という方がほとんどでしょう。
もちろん独学で楽しめれば良いのですが、独学による弊害(?)もあるようです。

今回、独学で陥りやすい点を列挙しますので、独学でがんばっている(?)方は参考にしてみてください。

また、現在、個人レッスンを受けている立場の方も参考...

April 10, 2017

ある生徒さんから
「本番に向けての持って行き方みたいなことをコラムに書いてください。」
とリクエストがありました。
おそらく彼は主にメンタルな面を知りたいのだと思いますが、いろんな面から書いてみようと思います。
なお、これは合奏団(団体)での本番というよりは主に独奏(ソロ)もしくはアンサンブルの本番に向けて、ということです。


■準備段階

①暗譜は1ヶ月前までに
私は本番を暗譜で弾くことはないのですが、ほぼ暗譜するぐらい練習してから本番にのぞんでいます。

本番中に楽譜を置いているのは「お守り」みたいなものです、緊張で頭が真っ白になった...

April 10, 2017

「歌うように弾く」とか「あの人の演奏には歌心がある」なんてよく聞きますね。
私もレッスンのときなどに「歌うように弾いてください。」って言いますけど、歌うように弾くって具体的にはどういうこと

なんでしょう?

実際、「歌うように」を実演ではなく言葉で説明するのは難しいのですが、歌うように弾くにはどうしたらよいか?

について私の思うところを書いてみたいと思います。

まず、歌うように弾くということは曲想を伴って演奏すること ということかしらん?

例えば、p(ピアノ)としか書いてないから、そのフレーズをずっーとp(ピアノ)のまま何の抑揚もな...

April 10, 2017

マンドリン系の楽器は基本的にブリッジ(弦駒)が動くように出来ています
(まれにブリッジが表面板に糊付けしてある楽器もあるようですが)。
弦を張り替えた場合(張り替えていないときもたまには)ブリッジ調整が必要です。
ブリッジの位置が合っていないと、どんなに正しいポジションで押さえても音程が合わないからです。
そこで今回はブリッジの合わせ方を書きます。

①チューナー(調弦器)を使って、全ての弦を調弦します。
ただし、張り替えたばかりの弦は伸びやすいので,充分に弛み(たるみ)をとってからブリッジ調整を行ってください。

②1弦(E線)の...

April 10, 2017

何を今さらって感じですが、ピックの保持の仕方にもいろいろあるようなので、今回はピックの持ち方について書きます。
私の知る限り、ピックの保持の仕方には3通りあるようです。
なお、関節は指先に近い方から第一関節、第二関節と言います。

①人差し指の第一関節と第二関節を曲げて、人差し指の爪の側面と親指の先でピックを挟む方法。おそらく、最も一般的な持ち方でしょうか? 私も最初はこのように持っていました。

②人差し指の第二関節のみほぼ直角に曲げて(第一関節は伸ばし気味)、人差し指の爪の側面と親指の先でピックを挟む方法。ピックが人差し指の延長...

April 10, 2017

マンドリン系の楽器を弾いている人たちの中に、右手小指を表面板に付けて弾いている人が数多く存在することを最近知りました。いろんな団体に指導に行くと、むしろ付けて弾いている人の方が多数派なんじゃないか? とさえ思い始めました。

小指を付けて弾いていない(弾けない)私にとっては多少大袈裟ですけど、ちょっとした衝撃でした。学生時代から付けて弾いている人は周りにはほとんどいなかったですし、理由はよくわからないけど(学生時代はこういう事柄が多い)小指は付けて弾くものではない、と習ったような記憶もありました。

「付けて」といってもまさに千差万別で...

April 10, 2017

正確に書くと、左指で音を切るということになりますが。

例えば、唱歌の「♪う~さ~ぎ~追~いし」の「ふるさと」を思い浮かべてください。
冒頭の「う~さ~ぎ~」の部分「ソー・ソー・ソー」のようにトレモロで同じ高さの音が続くとき、

皆さんはどうやって音を切っていますか?

ピッキング(スタカート)のときは右手で弾きなおしているわけですから、同じ高さであろうと音が繋がってしまう

ということはないのですが、トレモロだと一つ一つの音を切ってあげないと「ソー・ソー・ソー」の3拍間が長い

3拍の「ソー」としか聴こえてきませんね。

このような場合、多く...

April 10, 2017

マンドリンを弾く皆さん、音を出すことには熱心ですが、音を消すこと=消音 には無関心な方が多いですね。
マンドリン系の楽器は音の減衰が早いので、音が消えたと感じているのでしょうか?
よ~く耳を澄ましてみてください。
ちゃんと消音しないかぎり、音は残ったままなんです。
それではまず、消音の基本的な方法から。

●消音は99パーセント左手で行う。
なぜなら左手の方が右手でやるより、素早く確実に消音出来るからです、多少難しいですけど。
かなり弾ける人だと思っている方でも、右手で消音している光景はなぜか異様に見えてしまいます。

●開放弦の場...

April 10, 2017


「早弾き」ではありません。もちろん「早退き」でもありません。
「速弾き」つまり、速く弾くこと、です。
マンドリンの特性のひとつに「機動性」というものがあると思うんです。
トロトロした作品をトレモロでトロトロと弾くばかりじゃ、弾いている方も、聴いている人もつまんない。
もちろん、トレモロで朗々と歌い上げるのもマンドリンの魅力ですが、速いパッセージを目の覚める様なスピード

(どんな速さだ?)で弾き切ってしまうのも、カッコいい~!
ただ、速いと言っても、限界がありますけど、四分音符=120くらいを確実に十六分音符で弾けることの方が

現実的か...

Please reload

特集記事

1.「トレモロ」の話

2.ピックの話

3.「なぜ弾けないのか?」(右手編)

4.「なぜ弾けないのか?」(左手編)

5.「なぜ弾けないのか?」(気持ち編)

6.「なぜ弾けないのか」(和音編~その1)

7.「なぜ弾けないのか」(和音編~その2)

8.「第18回日本マンドリン独奏コンクール」を聴いて

9.音量について~「...

コラム一覧

April 19, 2017

1/1
Please reload

最新記事

October 23, 2018

April 19, 2017

April 10, 2017

Please reload

アーカイブ